資産設計

株を割安と判断する基準

私は、株が割安となっているかどうかはRSIとボリンジャーバンドを使って判断することが多いです。 RSIもボリンジャーバンドも「株の売られすぎ・買われすぎ(値下がりしすぎ・値上がりしすぎ)」を判断するのに使う指標です。 特にボリンジャーバンドは2σの範囲内に収まる確率が、統計的に約95%ということもあり、有能な指標です。
資産設計

新日本電工 (5563)を買いました

新日本電工 (5563)を買いました。鉄鋼向け合金鉄の大手であり、鉄鉱石から鉄を作るときの副原料であるフェロマンガンなどを供給しています。 業績の下方修正によって急落したものの、財務的には問題なし ”割安でいて財務的に問題ない...
2019.02.20
タイトルとURLをコピーしました