Excel

【Excel】前営業日を求める関数

Excel
この記事は約2分で読めます。

Excelで、休日を除く翌営業日を求めるときにはWORKDAY関数が使えるのですが、この関数は前営業日を求めることもできます。

WORKDAY関数で前営業日を求める方法

以下の関数を入力します。

=WORKDAY(指定日付+1,-1,祝日の日付リストの範囲)

「指定した日付の翌日から起算して、一日戻すときに営業日かどうか判断する」という処理をしています。

作例「ある日付が休日であった場合に、前営業日の日付を自動で入れる」

私の仕事の中で役に立った例です。入力した関数は下記の通りです。

スクリーンショット_120518_124831_AM

式は、

=IF(OR(WEEKDAY(B2,1)=1,WEEKDAY(B2,1)=7),WORKDAY(B2+1,-1))

指定した日付が土日なら前営業日の日付を入力する」です!

B2となっている部分は、必要に応じて他のセルを指定したり、Today関数を入れてください。
あとは、WORKDAY関数に休日の設定と、IF関数に条件が偽の場合の処理を指定すればバッチリです。

 

余談 日付の表示方法について

ちなみに、私は西暦表示と曜日を同時に表示するのが好きです。便利ですから。
でも、日付の表示形式の中には、日付と曜日を同時に表示するプリセットがありません。

ですので、日付表示に曜日を加えるには、セルの書式設定(該当セルを指定してショートカットキーCtrl+1)からユーザー定義を設定する必要があります。

といっても、日付の後ろに「aaa」と入れるだけです。()で綴じてあげるとイイ感じです。

スクリーンショット_120518_123601_AM

まとめ

WORKDAY関数は日付系関数の中でも使い勝手が良く、応用が効きます。

ガンガン使っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました