ツバメノートを使い切り、キャンパスノートに切り替えました

今年の元日から使い始めたツバメノートを使い切りました。

ツバメノートは本当に書きやすく、半年間色々なペンで書き込んでも、一度も裏写りせず、ペン先にストレスを感じたことがありませんでした。

間違いなく、今まで使ったノートの中で一番書きやすかったです。

私が使っていた100枚タイプならページを気にすることなくガンガン書けますし、旅行ノートとしてスタンプを押したり、チラシを貼ったりするのもいいですね。
こうした使い方にも十分耐えられます。

100枚タイプは厚みが10数センチありますが、A5なら嵩張ることはないです。
ツバメノートは見た人の印象も良いようで、声をかけられることもありました。
使い込むほど、味がでるタイプのノートです。
これだけのノートがAmazonなら400円で手に入ることが驚きです。

ツバメノートに不満はありませんでしたが、ここ半年で、自分が思ったよりも図形を書くことに気がつきました。加えて、バレットジャーナルを意識し始めたために、字が小さくなりました。
ツバメノートの罫線は間隔が広めなので、小さい字を書くと違和感が出ます。

 

キャンパスノートは方眼タイプで罫線の間隔が狭いので、感覚的に合うのではないかと期待しています。ツバメノートぐらいの耐久性があるかどうかが、少し不安なところですが、それはこれから半年かけて試してみます!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました