子育てのこと 買ってよかったもの

Joieのライトトラックスは、安くてコスパ良し!初めてのベビーカーにオススメ!

子育てのこと
この記事は約9分で読めます。

子育てのマストアイテム、それはベビーカーです。

ベビーカーは意外と消耗品なので、買い替えに悩む方も多いと思います。

僕もつい最近、ベビーカーの足を乗せる部分が壊れてしまい、買い替えをすることになりました。
少なくとも2、3万円の出費を覚悟していたのですが、今回のAmazonブラックフライデーでとてもいいベビーカーを買うことができました!

Joieのライトトラックスです。12,300円(普段は18,200円)

我が家のベビーカーはこれで4代目ですが、今までのベビーカーのいいとこ取りをしたようなデザインになっていて、とても良い感じです!

最近、僕の周りでJoieのベビーカーを使い始める人が多くて気になってはいたのですが、実際に使ってみて納得しました。
正直いま誰かから、「ベビーカーなにが良いと思う?」って聞かれたら、一番に勧めると思います!

今回は、このベビーカーの良いところ、悪いところを書いてみたいと思います。

Joieのライトトラックスの良いところ!

Joieのライトトラックスは、2万円を切る価格でありながら、走破性と積載性をバランス良く備えたベビーカーです。1ヶ月の赤ちゃんから3歳まで使えるので、息も長いです。

ベビーカーは、いくつか選ぶポイントがあります。

  • どれだけ押しやすいか(走破性)
  • 荷物をどれだけ積むことができるか(積載性)
  • 子どもを何歳から何歳まで乗せることができるか(息の長さ)
  • 折りたたみ、収納のしやすさ
  • 軽さ

他にも、「そもそもA型かB型か」「車のベビーシートとして使えるか」といった選び方もありますが、大半の人にとって大切なのは上の5点だと思います。

大きいタイヤで高い走破性

Joieのライトトラックスは、前輪後輪ともに、比較的大きなタイヤを装備しており、道路の段差に引っかかりにくいです。

タイヤの小さなベビーカーは、段差に引っかかりやすくなり、歩くことにストレスや不安を抱えることになります。ひっかかった際に子どもが前のめりになって危ないので、引っかかりはなるべく避けたいです。

Joieのライトトラックスは走破性が高いので、この点は安心できます。

大きなカゴで積載性も高い

ライトトラックスは、ベビーカーの底面に大きなカゴがあり、ミルクやおむつのセット、簡単な買い物ならしっかり入ります。

底面に大きなカゴを装備

子育てをしていると、ベビーカーで出かけてそのまま買い物を済ませることも多いですが、その時にベビーカーのカゴが小さいと、困るときがあります。

ライトトラックスなら、簡単な夜食の買い出しくらいなら十分済ませることができます。

以前、我が家の1代目のベビーカーが、メチャライトという軽量かつ積載性も高いモデルでしたが、このベビーカーと比較しても、同じくらい使い勝手が良いです。

ちなみに、ライトトラックスはこれだけ積載性が高い上で、折りたたみを片手ですることができるので便利です。

大きな幌と、使いやすいレインカバー

ベビーカーの幌(ほろ)が大きいと、突然の雨や強風でも子どもがさらされず、安心して使うことができます。ライトトラックスは大きな幌を装備しており、ちょっとした雨程度なら防ぐことができます。(レインカバー無しだと、さすがに足は濡れます。)

3歳半の子がすっぽり入る

ライトトラックスはレインカバーも付属してきます。
このレインカバーが、今まで使ってきたレインカバーの中で一番使いやすく、非常に便利です!

ベビーカーの前面をすっぽり覆うような作りになっているのですが、足場の部分にゴムでひっかけるようになっていて、ちょっとした風でもカバーがとれることはなさそうです。

レインカバーは足の部分にひっかけるつくりで便利

ベビーカーを押している時にレインカバーが外れそうになるとストレスなので、この点はかなり良いポイントです。

ライトトラックスの気になる所

正直あまり弱点はないのですが、一応気になるところをあげていきます。

フルリクライニングにすると、カゴが隠れる。

画像を見てもらえれば分かるのですが、フルリクライニングにした場合、カゴの入り口が隠れます。

特に、月齢の小さい子が寝てしまったときにカゴを使いたい場合、とても慎重に出し入れしなくてはならないので、この点は少しストレスです。

安定性は4輪の方が高い

ライトトラックスは三輪のベビーカーです。そのため、4輪よりは安定性が劣ります。
具体的には、下り坂や道路の斜面を進む時、ななめ前に傾く感じがあります。

これは三輪ベビーカーの特性上、仕方ないことですが、坂の多い街でベビーカーを使う場合は、4輪の方が良いでしょう。

おわりに

今回はJoieのライトトラックスを購入し、使ってみた印象を書きました。

Joieのライトトラックスの良いところ
  • 大きなタイヤで押しやすい(道路の段差に引っかかりにくい)
  • カゴが大きく、物をたくさん入れられる
  • 幌が大きく、レインカバーも使いやすい

価格の割に使いやすく、最初にも書きましたが、誰かに「ベビーカー、なにが良いと思う?」と聞かれたら、このベビーカーを勧めると思います

5万円以上するベビーカーが珍しくない中、2万円を切る価格でこれだけバランスの良いベビーカーはなかなかありません。

タイトルとURLをコピーしました