書評『人生を大きく変える小さな行動習慣』★★★★☆

読書

人生を変えるのは小さな行動

あなたの人生を変えた行動は、どんなものでしょうか?

私が自分の人生を振り返ってみて思うことは、人生を変えるのは、1回の大きな行動よりも、沢山の小さな行動です。もちろん、プロポーズや家の購入など大きな行動もありましたが、自分の今の人格や自信に関わる部分は、日々の勉強や練習といったコツコツ積み重ねた行動が影響していると思います。「継続は力なり」というように、長く続けた行動はそのまま力になるのです。

こうした「人生を変えうる小さな行動」を沢山できたら、もっと人生が豊かになると思いますよね?

今日はその方法が書かれた良い本を紹介します。

『人生を大きく変える小さな行動習慣』

本書のテーマは「人生を変えうる小さな習慣を、いかに生活に取り入れるか」です。

「人生を変えうる小さな習慣」というのは、具体的には
・「愛してる」メールを送る
・目標達成日記を書く
・一人の新しい人と知り合う

といった、1つあたり5〜20分程度の行動です。

こうした行動を複数組み合わせ、30分程度で一つにまとめます。この1つのまとまりを本書では「習慣スタッキング」といいます。

この習慣スタッキングを生活に組み込むことによって、”小さいけれど重要な行動を一気に実行する”というのが本書の狙いです。1つ1つは小さな行動なので始めるのに抵抗が少なく、一度手をつけてしまえば大事な習慣を一気に実行できるという強力なメリットがあります。

本書を読めば、小さな習慣のヒントが見つかる

本書では習慣スタッキングに組み合わせるべき大切な習慣を123個紹介しています。「大切な人に心のこもったメッセージを送る」といったものから、「献立を立てる」といったものまで大小さまざまです。

もし本書の考え方に興味があれば、自分にあった習慣を探してみると良いでしょう。意外な習慣が、自分の生活を豊かにしてくれることもあります。

おわりに

私は本書を読んでから、以前よりも時間の使い方が上手になり、家族と遊ぶ時間が増えました。時間術や習慣の本は数多くありますが、本書はその中でもあまり「やる気」を必要としない内容となっています。(やる気が必要な習慣は長続きしないと著者はいっています)

実践しやすい内容なので、時間を大切に使いたいと考えている方にオススメの本です。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました